ふじのくに祝祭年間情報サイト「Artlierふじのくに」公式WEBサイト

イベントを探す

開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎-

開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎-

1919年、ドイツの古都ヴァイマールに、建築家ヴァルター・グロピウスにより造形学校「バウハウス」が創設されました。実験精神に満ち溢れたこの学校は、造形教育に革新をもたらし、今日にいたるまでアートとデザインに大きな影響を及ぼしています。2019年にバウハウスは開校100年を迎えました。
バウハウスでは、ヴァシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなど時代を代表する芸術家たちが教師として指導にあたり、優れたデザイナーや建築家が育ち、時代を切り開くプロダクトデザインやグラフィックデザインが生まれました。とりわけ、入学した学生が最初に受ける基礎教育で教師たちが試みた授業はユニークなものでした。
本展覧会では、学校としてのバウハウスに焦点をあてます。基礎教育で教師たちが試みた授業を中心に、各教師の授業内容を紹介するとともに、その一端を体験していただくコーナーを設けます。さらに、基礎教育を終了したのちに進む様々な工房(金属、陶器、織物、家具、印刷・広告、舞台、建築など)での教育の成果や資料など約300点を展示します。また、当時、実際にバウハウスに入学した日本人留学生、水谷武彦、山脇巌、山脇道子、大野玉枝の4人の作品・資料を一堂に集めて紹介し、バウハウスと日本のつながりをご覧いただきます。
皆さんも、歴史に燦然と輝くバウハウスに、体験入学してみませんか!

日時 2020年04月11日(土)〜2020年05月31日(日)
開催場所静岡県立美術館
交通・JR「草薙駅」県大・美術館口から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分。
・JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、または静鉄バスで約30分。 
・JR「東静岡駅」南口からタクシーで約15分、または静鉄バスで約20分。    
・静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分、または静鉄バスで約3分。 
・東名高速道路・静岡IC、清水ICから車で約25分。日本平久能山スマートICから車で約15分または新東名高速道路・新静岡ICから車で約25分。
お問い合わせ静岡県立美術館 TEL:054-263-5755
公式URLhttp://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎-

GoogleMapで表示

祝祭年間カレンダー

朝市「かもえのあさいち」と食文化のワークショップ

浜松市/浜松市鴨江アートセンター

アジサイまつりと七夕飾り

沼津市/沼津御用邸記念公園苑内

富士市展 写真・工芸

富士市/ロゼシアター特別展示室

第64回安倍川花火大会

静岡市/安倍川橋上流

田んぼアートin菊川「田植祭」

菊川市/菊川市下内田の田んぼ

ふじのくに芸術祭

ふじのくに芸術祭2017(第57回静岡県芸術祭)美術部門写真展

静岡県立美術館 県民ギャラリー(静岡市駿河区谷田53-2)

ウラディーミル・フェドセーエフ指揮 チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ

グランシップ 中ホール・大地

企画展「先史時代の輝き」

ふじのくに地球環境史ミュージアム(静岡市駿河区大谷5762)

【グランシップ出前公演】世界のこども劇場2018(菊川公演)「ハンドメイド」

菊川文化会館アエル(菊川市本所2488−2 )

ふじのくに芸術祭2018(第58回静岡県芸術祭)美術部門美術展・写真展

静岡県立美術館(静岡市駿河区谷田53-2)

静岡市のイベント

第64回安倍川花火大会

静岡市/安倍川橋上流

井川de望月将悟氏とトレイルランニング

静岡市/静岡市南アルプスユネスコエコパーク井川自然の家

【「人形浄瑠璃 文楽」事前レクチャー】山川静夫のここがみどころ・ききどころ~文楽人形遣いにせまる~

グランシップ 6階交流ホール(静岡市駿河区池田79-4)

三保松原学シンポジウム

清水ふれあいホール(清水区役所内)

サイエンスフェスティバルinる・く・る2017 「青少年のための科学の祭典」第21回静岡大会

静岡科学館る・く・る(静岡市駿河区南町14番25号 エスパティオ8~10階)