ふじのくに祝祭年間情報サイト「Artlierふじのくに」公式WEBサイト

イベントを探す

開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎-

開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎-

1919年、ドイツの古都ヴァイマールに、建築家ヴァルター・グロピウスにより造形学校「バウハウス」が創設されました。実験精神に満ち溢れたこの学校は、造形教育に革新をもたらし、今日にいたるまでアートとデザインに大きな影響を及ぼしています。2019年にバウハウスは開校100年を迎えました。
バウハウスでは、ヴァシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなど時代を代表する芸術家たちが教師として指導にあたり、優れたデザイナーや建築家が育ち、時代を切り開くプロダクトデザインやグラフィックデザインが生まれました。とりわけ、入学した学生が最初に受ける基礎教育で教師たちが試みた授業はユニークなものでした。
本展覧会では、学校としてのバウハウスに焦点をあてます。基礎教育で教師たちが試みた授業を中心に、各教師の授業内容を紹介するとともに、その一端を体験していただくコーナーを設けます。さらに、基礎教育を終了したのちに進む様々な工房(金属、陶器、織物、家具、印刷・広告、舞台、建築など)での教育の成果や資料など約300点を展示します。また、当時、実際にバウハウスに入学した日本人留学生、水谷武彦、山脇巌、山脇道子、大野玉枝の4人の作品・資料を一堂に集めて紹介し、バウハウスと日本のつながりをご覧いただきます。
皆さんも、歴史に燦然と輝くバウハウスに、体験入学してみませんか!

日時 2020年04月11日(土)〜2020年05月31日(日)
開催場所静岡県立美術館
交通・JR「草薙駅」県大・美術館口から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分。
・JR「静岡駅」南口からタクシーで約20分、または静鉄バスで約30分。 
・JR「東静岡駅」南口からタクシーで約15分、または静鉄バスで約20分。    
・静鉄「県立美術館前駅」から徒歩約15分、または静鉄バスで約3分。 
・東名高速道路・静岡IC、清水ICから車で約25分。日本平久能山スマートICから車で約15分または新東名高速道路・新静岡ICから車で約25分。
お問い合わせ静岡県立美術館 TEL:054-263-5755
公式URLhttp://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

開校100年 きたれ、バウハウス -造形教育の基礎-

GoogleMapで表示

祝祭年間カレンダー

大浜ビーチフェスタ2018浜ゆき

大浜海岸、大浜公園 静岡市駿河区

グレーな埴輪たち

浜松市地域遺産センター(浜松市北区引佐町井伊谷616-5)

焼津市・大井川町合併10周年記念 生解説プラネタリウム「よい子のギリシャ神話」

ディスカバリーパーク焼津天文科学館(焼津市田尻2968-1)

親子ワークショップ「羊毛フェルトで楽器の絵を描こう!」

アクトシティ浜松研修交流センター(浜松市中区中央3-9-1)

かんなみ仏の里美術館仏像展示室無料開放

かんなみ仏の里美術館(函南町桑原89番地の1)

ふじのくに芸術祭

黄金のファラオと大ピラミッド展

静岡県立美術館(静岡市駿河区谷田53-2)

ふじのくに芸術祭2017(第57回静岡県芸術祭)音楽・舞台芸術部門舞踊公演

沼津市民文化センター 小ホール(沼津市御幸町15-1)

美しき庭園画の世界 江戸絵画にみる現実の理想郷

静岡県立美術館(静岡市駿河区谷田53-2)

グランシップこどものくに~へんてこりんハウス~

グランシップ

【グランシップ出前公演】in掛川「人形浄瑠璃 文楽」事前レクチャー 「山川静夫のここがみどころ・ききどころ~文楽人形遣いにせまる~」

掛川市美感ホール(掛川市亀の甲1丁目13 )

静岡市のイベント

創立30周年記念演奏会(第31回定期演奏会)

静岡市/静岡市清水文化会館(マリナート) 大ホール

テーブルサイエンス「磁石っておもしろい!」

静岡市/静岡科学館る・く・る

和田島deつかみ取り&ホタル

静岡市/静岡市清水和田島自然の家

ふじのくに芸術祭2017(第57回静岡県芸術祭)生活文化部門水石展

グランシップ 展示ギャラリー(静岡市駿河区池田79-4)

由比本陣夏まつり2017

東海道由比宿交流館(静岡市清水区由比297-1)