ふじのくに祝祭年間情報サイト「Artlierふじのくに」公式WEBサイト

イベントを探す

「1968年 激動の時代の芸術」展関連講座 「北井一夫と考える 2020年代のアーティスト像」

「1968年 激動の時代の芸術」展関連講座 「北井一夫と考える 2020年代のアーティスト像」

北井一夫さんを講師に招き、表現者として生き抜く術について考える2日間の連続講座。 1960年代から現在まで、写真家として第一線で活動してきた北井一夫さん。近年は欧米での再評価も進み、戦後を代表する日本の写真家として確かな地位を築いています。北井さんは1960年代より、写真集『抵抗』を自費出版し、70年代には仲間とともに「のら社」を設立、自他の写真集を刊行するなど、プロデューサー的な視点を絶やすことなく、自らのキャリアを切り開いてきました。この講座では、カメラ雑誌の編集者やギャラリストをゲストに交え、表現者としてこれからの時代をいかに生き抜くか、その術について話し合います。 そもそも現代における写真の評価ってどうなってるの?自分の表現を世に問いたいのだが、どこに打って出ればいいのか…。など、表現者を志す人、写真、現代アート全般に関心のある人、ふるってご参加ください。

対象:高校生、一般
定員:各日15名
費用:「1968年 激動の時代の芸術」展観覧料(一般:1000円 70歳以上:500円 大学生以下無料)
申込み方法:日程により講座内容や募集要項が異なります。お申込みの際は専用ホームページの各日イベントページをご確認ください。

日時2019年3月9日(土)~10日(日) 10:00~15:00
開催場所静岡県立美術館 実技室(静岡市駿河区谷田53-2)
交通JR草薙駅県大・美術館口から静鉄バス「県立美術館行き」で約6分
JR静岡駅南口からタクシーで約20分または北口から静鉄バスで約30分
JR東静岡駅南口からタクシーで約15分または静鉄バスで約20分
静岡鉄道県立美術館前駅から徒歩約15分または静鉄バスで約3分
東名高速道路・静岡 IC、清水 IC、または新東名高速道路・新静岡 IC から車で約25分
お問い合わせ静岡県立美術館
学芸課 TEL. 054-263-5857
公式URLhttp://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/program/detail/261

「1968年 激動の時代の芸術」展関連講座 「北井一夫と考える 2020年代のアーティスト像」

GoogleMapで表示