ふじのくに祝祭年間情報サイト「Artlierふじのくに」公式WEBサイト

イベントを探す

SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #2 『歯車』

SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #2 『歯車』

宣伝美術: 阿部太一(TAICHI ABE DESIGN INC.)

芥川龍之介の最晩年の小説を、多田淳之介が舞台化!

昭和二年に自死した後に発表された小説『歯車』は、ある男が知人の結婚披露式への出席のために上京し、ホテルに滞在しながら執筆を行なう数日を描いている。義兄の訃報をはじめ、破滅や死への不安に襲われながらも心を平静に保とうと執筆に向かう姿は、最期の刻を間近にした芥川本人の姿にも重なる。劇団「東京デスロック」主宰として国内外で活躍の場を広げ、埼玉県の富士見市民文化会館キラリ☆ふじみの芸術監督を務める多田淳之介、初のSPAC演出作。

日時2018年11月24日(土)~12月15日(土)各日14:00開演
開催場所静岡芸術劇場(静岡市駿河区東静岡2丁目3-1)
交通JR東静岡駅南口から徒歩5分。グランシップの東側(清水寄り)に入口があります。
お問い合わせSPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(10:00~18:00)
公式URLhttp://spac.or.jp/haguruma_2018.html

SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #2 『歯車』

GoogleMapで表示