ふじのくに祝祭年間情報サイト「Artlierふじのくに」公式WEBサイト

イベントを探す

美しき庭園画の世界 江戸絵画にみる現実の理想郷

美しき庭園画の世界 江戸絵画にみる現実の理想郷

江戸時代の日本では、千を超える大名庭園がひしめく、世界でも類稀なる"庭園都市"江戸が誕生しました。大名や文人をはじめとする江戸時代の人々にとって、庭園は社交や儀礼の場、そして日常のなかで名所や憧れの地へと想いを馳せることのできる、現実の理想郷ともいうべき場所でした。庭園の美しさを絵にとどめたい、あるいは普段眼にすることができない名園を絵で見たいという人々のもとめによって、江戸時代には数多くの〈庭園画〉が描かれました。 一方、古来数々の名園が造られてきた関西においても、江戸時代には、社寺や文人の居宅の庭園、そして中国の憧れの庭園を描く作品が制作されました。 江戸時代の人々を熱狂させた庭園プームのもと、庭園が描かれた絵のなかには、傑作と称すべき作品も少なくありません。江戸絵画史を動かすような名品も生んだ〈庭園画〉は、大名や文人たちに愛され、そして江戸時代を代表する画家たちによって描かれたのです。 本展は、江戸絵画において重要なジャンルを形成した〈庭園画〉の成立と展開を、江戸時代初期から幕末に至る絵画作品によってとらえようとする初めての展覧会です。本展では、関東と関西における庭園画の流れをご紹介し、江戸時代の庭園画の歴史を概観します。また、実景を描いた絵画と庭園画の関係に注目することで、江戸絵画史の展開のなかで庭園画をとらえ、庭園画のひろがりと魅力をご堪能いただきます。 知られざる江戸絵画のジャンル・庭園画の美しき世界を、そして、庭園画を通じて江戸絵画の風景表現の豊穣なる世界を、どうぞお楽しみください。

日時2017年10月21日〜2017年12月10日
開催場所静岡県立美術館(静岡市駿河区谷田53-2)
交通JR草薙駅県大・美術館口から静鉄バス「県立美術館行き」で約 6 分
JR静岡駅南口からタクシーで約 20 分または北口から静鉄バスで約 30 分
JR東静岡駅南口からタクシーで約 15 分または静鉄バスで約 20 分
静岡鉄道県立美術館前駅から徒歩約 15 分または静鉄バスで約 3 分
東名高速道路・静岡 IC、清水 IC、または新東名高速道路・新静岡 IC から車で約 25 分
お問い合わせ静岡県立美術館
TEL:054-263-5755
公式URLhttp://spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/

美しき庭園画の世界 江戸絵画にみる現実の理想郷

GoogleMapで表示

祝祭年間カレンダー

グランシップ懐かしの映画会

グランシップ 中ホール・大地

佐野美術館 展覧会「虫尽くし展」

三島市/佐野美術館(三島市中田町1-43)

軽便ミニSL乗車体験

藤枝市郷土博物館前広場(藤枝市若王子500)

特別収蔵展「物心一如の心を紡いで」~濱人・喬・あきゑ 三人展~

浜松文芸館(浜松市中区早馬町2-1クリエート浜松5F)

秋季熱海海上花火大会

熱海湾(熱海市和田浜南町)

ふじのくに芸術祭

ふじのくに芸術祭2017(第57回静岡県芸術祭)美術部門写真展

静岡県立美術館 県民ギャラリー(静岡市駿河区谷田53-2)

ウラディーミル・フェドセーエフ指揮 チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ

グランシップ 中ホール・大地

グランシップ伝統芸能シリーズ講演会 岩下尚史の伝統芸能へようこそ!

グランシップ 9階910会議室

グランシップ世界のこども劇場2018

グランシップ(静岡市駿河区東静岡2丁目3-1)

ふじのくに芸術祭2018(第58回静岡県芸術祭)生活文化部門華道展

御殿場市民会館小ホール(御殿場市萩原183-1)

静岡市のイベント

SPAC 秋→春のシーズン 2019-2020

静岡県舞台芸術センター(静岡市駿河区東静岡2丁目 3-1) 

講演会「芹沢銈介と考古資料」

登呂博物館1階 登呂交流ホール

大正琴のつどい

島田市民総合施設プラザおおるり

令和元年度「富士山の日」歴史講演会「同位体分析から探る 縄文時代人の食性と集団間移動」

蒲原生涯学習交流館ホール (静岡市清水区蒲原新田 1-21-1)

静岡交響楽団 第97回定期演奏会 ~ハイドンシリーズ vol.4 by ユーフォニア~

しずぎんホールユーフォニア