ふじのくに祝祭年間情報サイト「Artlierふじのくに」公式WEBサイト

イベントを探す

ご利用にあたって

登録規約

目的

第1条 この規約は、静岡県が管理運営するふじのくに祝祭年間情報サイト「アトリエふじのくに」(以下「アトリエふじのくに」という。)の登録について定めることにより、「アトリエふじのくに」の円滑な運営に資することを目的とする。

登録者

第2条 登録者とは、本規約を承認し、「アトリエふじのくに」への登録を申し込み、システム管理者が承認をした団体・個人をいう。
2 システム管理者は、次の事由がある場合には、登録の承認を行わないものとする。
(1) 登録規約を承認しない場合
(2) 登録申込みの際に記入した内容に虚偽の記載があった場合
(3) 過去に登録資格を取り消されたものからの申込みがあった場合
(4) その他、管理者側が登録の承認を行わない正当な事由がある場合

利用方法

第3条 登録者は、「アトリエふじのくに」に、文化・芸術等に関する情報について、システム管理者が定めるページを利用し、登録することができる。登録者による情報登録及び更新方法については、別に定める利用の手引きに基づき行う。

登録者の届出義務

第4条 登録者が登録を解除する場合は、その旨をシステム管理者に連絡しなければならない。

ID及びパスワードの交付と変更

第5条 システム管理者は、登録者に対して登録を承認する際、ID及びパスワードを付与する。
2 登録者は登録後、自らIDとパスワードを変更することができる。

登録者の管理責任

第6条 ID及びパスワードは、登録者の責任において管理するものとし、第三者の不正使用等によりシステム管理者又は他の登録者に損害を与えてはならないものとする。
2 ID及びパスワードの使用上の誤りや、第三者の不正使用による損害の責任は、登録者が負うものとし、システム管理者は責任を負わないものとする。
3 ID及びパスワードを忘れた場合や盗まれた場合は、速やかにシステム管理者に連絡しなければならない。

情報登録の承認および削除

第7条 システム管理者は、登録者が登録した情報について、その内容が「アトリエふじのくに」の目的に沿った適正なものであるかを確認し、適正と判断した場合に承認を行い、「アトリエふじのくに」に掲載する。
2 前項の確認の結果、次の各号のいずれかに該当する場合、又は情報登録の承認後に次の各号のいずれかに該当することが判明した場合は、システム管理者は登録者に通知することなく当該情報を削除することができるものとする。
(1) 法令に反する場合、又はそのおそれのある場合
(2) 公序良俗に反する場合、又はそのおそれのある場合
(3) 犯罪的行為を誘発する場合 第三者に損害又は不利益を与える場合
(4) 第三者を誹謗(ひぼう)中傷している場合
(5) 政治・宗教・営利活動等を目的としている場合
(6) 記載された内容が虚偽である場合又は著しく事実と異なる場合
(7) その他、「アトリエふじのくに」の運営上、不適当と判断された場合

損害賠償

第8条 システム管理者は、「アトリエふじのくに」の利用に関して生じた登録者の損害すべてに対し、いかなる責任も負わず、また一切の損害を賠償する義務がないものとする。
2 登録者が「アトリエふじのくに」の利用に関して第三者に対し損害を与えた場合、登録者は自己の責任と負担をもって解決し、システム管理者に損害を与えないものとする。

利用の停止または資格の取り消し

第9条 システム管理者は、登録者に次の事実があると判断した場合には、予告なしに「アトリエふじのくに」の利用の停止又は登録者の資格を取り消すことができる。
(1) 登録規約に著しく違反し「アトリエふじのくに」の運営に支障をきたす場合
(2) 「アトリエふじのくに」の運営を故意に妨害した場合
(3) 登録申込時に虚偽の記載があった場合
(4) 第7条第2項の規定による削除を2回以上受けた場合
(5) 他の登録者のID又はパスワードを盗用した場合
(6) 本規約に定める登録者の義務に違反した場合
(7) その他、システム管理者が登録者として不適当であると判断した場合

登録規約の変更

第10条 システム管理者は、「アトリエふじのくに」の運営上必要な場合は、本規約を変更することができるものとし、この場合、登録者に対し変更内容を当サイト上で通知するものとする。

管轄裁判所

第11条 「アトリエふじのくに」の利用についてシステム管理者と登録者との間に訴訟が生じた時は、静岡地方裁判所を第一審の裁判所とする。
付則 この規約は、平成29年3月1日から施行する。